スケーリングルートプレーニング(SRP)

歯周病の治療で一番大切なのはプラークコントロールですが、プラークは古くなる
と歯石にかわってしまいます。歯石は歯ブラシでは取れません。これをとるには
歯医者にいかなければなりません。歯石をとることを除石(スケーリング)といいます。
スケーリングルートプレーニングと言うものはそれを一歩すすめて根っこの回りも
つるつるにして歯石とともに壊死したセメント質も取り除くことをいいます。
この二つを区別する意味は全くありません。それは最初からSRPすれば良いからです。
今の保険制度にはなぜか二つを区別してあります。歯ぐきの上と下でわけている
わけではなく根面の滑沢化(ルートプレーニング)をするかしないかでわけている
ようです。なぜ意味がないかというと根面の滑沢化(ルートプレーニング)なしには
歯ぐきの下の歯石などとれないからなのです。大事なのは全部歯石をとることです。

スケーリングルートプレーニング(SRP)はある意味ではブラインドキュレッタージと
も言えます。フラップが歯ぐきを剥いで見ながら歯石を除去する(オープンフラップ
キュレッタージ)のに対してSRPは歯ぐきの中を手探りで歯石をとるのです。
つまり、確率が低いのです。それがSRPの欠点です。
逆に歯ぐきを剥がないので体に対する侵襲は少ないといえます。術後の痛みも少なく、
術後のしみも少ないのです。それが利点です。

私は出来るならば全部歯肉をひらきたいくらいですが、なかなか患者さんは納得して
くれません。また、保険のきまりでSRPせずにフラップオペしてはいけないのです。
やりたくないのですが、しかたなく順番を守ってSRPしてからフラップしてます。
確実性ならフラップオペ小さく処置するならSRPという選択ができるはずなのですが。

おっと!ぼやきはこれぐらいにして

歯石はなぜいけないか、を話さなくてはいけません。
はっきり言うとプラークコントロールの邪魔になるからです。
歯石は歯ブラシを届きにくくするだけでなく、歯垢をつきやくすし、嫌気的環境を
つくり、細菌の温床になるから取らなければならないのです。
このへんは歯石は悪さをしないという先生もおり、断定してはいけませんが
悪さをしないと言う先生も最後には歯石を取られると思うので良いものではない
ことも確かです。実際歯石をとると歯ぐきが見違えてよくなります。
これは実感です。
[つぎへ進む] [歯周病以外にも気になるところがある] [オープニングページに戻る]