プラークコントロール

ここにたどり着いた人はまず歯ブラシをがんばること

敢えて歯の磨き方とは言いません。それは、歯を磨いているばかりに
歯槽膿漏(本当は歯周病)になっている人を多くみかけるからです。
プラーク(歯垢)をコントロールするということはプラークを無くする
ことを意味します。歯を磨くのも大切ですが、歯周病を悪くしない為
には歯と歯ぐきの境目歯と歯の間をきれいにする必要があります。
プラークフリー(歯垢の無い口の中)になったら、もうあなたの歯周病
は治ったも同然です。歯医者のする仕事はプラークコントロールのお手伝い
に過ぎないのです。磨き方の指導、磨ける環境づくりのための手術、
歯周病を悪化させないようなかみ合わせをつくる削って被せること(補綴)
すべて、患者さんがプラークコントロールできる為のお手伝いなのです。

私は軽圧での横磨き(スクラッビング法)を推奨していますが、これとて
環境の良い患者さんにだけ通用するもので、歯並びが悪かったり深いポケット
があったり、歯間が大きくあいているような患者さんには通用しません。
ブラシを縦にあてて十字に動かしてもらったり、毛先を歯間に突っ込んで
振動させるような(爪楊枝法?)動かしかたをしてもらったり、いろいろです。
プラークコントロールは患者さんそれぞれが自分で一番汚れを落とせる方法を
身につけてもらうまで、根気よく行うものなのです。

時々、自分で歯の染め出し(歯医者さんで塗られる赤い液体)をやってみてください。
ちゃんと磨けたと思ってもけっこう残っているものですよ。

本当に一日三回食後三分以内に三分以上磨くのが良いのか?

この答えはNo!です。
笑ってしまうのですが、食後3分というのは試験管の中での実験でプラークに砂糖を
いれた時に3分で歯を溶かす臨界pHに達することから来ています。この実験は正しい
ものですが、実際の生活で3分で食事を終わすことが出来る人がいるでしょうか?
この実験結果は、なんと食後に磨いたのでは虫歯になることを証明しています。
一日三回は正しいでしょうか?これもNoです。一日に一度でも完璧に磨く事が
大切で、3回いい加減に磨いたのでは意味がないのです。勿論3度ともしっかり
磨ければそれにこしたことはありませんが、それほど暇な人はあまりいないでしょう
三度磨くのは決して三倍にはならないのです。

プラークコントロールを補助するものにフッ素塗布やキシリトールガムがあります。
それぞれ利点欠点がありますが、やれるものは何でもやった方が良いというのが
わたしの持論です。
歯が浮いている感じがする人は更に進んでください
口が臭い感じがする人は更に進んでください
口の中がねばつく感じがする人は更に進んでください
歯のすき間があいてきた人は更に進んでください
歯肉がやせて歯が長なった人は更に進んでください
歯石が気になる人は更に進んでください

[つぎへ進む] [歯周病以外にも気になるところがある] [オープニングページに戻る]