プラークとは

早い話がばい菌の塊、歯クソです。ばい菌、特に虫歯菌といわれている
Streptococcus mutansは砂糖を食べてデキストランというネバネバした物質を
放出しながら繁殖します。
デキストランとその中の細菌を含めてプラークと呼んでいます。

もちろん、虫歯をつくるのはStreptococcus mutansばかりではありません。
乳酸菌とかその他のStreptococciやRothia dentcariosaなどなど関与しています。
Streptococcus mutansは砂糖を食べてデキストランを作りそれらの細菌が住む
きっかけをつくるので原因菌と呼ばれているのです。基礎工事を受け持つのです。
基礎が無ければその他の細菌は唾液で洗い流されてしまって虫歯をつくれないのです。

口の中の細菌叢は面白いことに、産道の細菌叢と類似しています。しかし、産道には
Streptococcus mutansは住んでいません。つまり、どこからか感染するのです。
そう!虫歯は伝染病だったのです。だいたい母親の唾液からの垂直感染
ではないかと思われます。お母さん!あなたが移した虫歯菌それが子供の虫歯を
作ったのですよ。

このようにして出来てきたプラークの中で細菌は糖を分解して様々な酸を作り
歯を溶かしていきます。こうして溶けてしまった所が虫歯なのです。
プラークは成熟してくると(して欲しくはないけど)細菌叢が変化してきます。
好気性菌が減り嫌気性菌が増えてくるのです。この嫌気性菌が歯周病をつくる
のです。プラークが嫌気的状況をつくってしまうのです。

つまり、虫歯も歯周病もプラークが原因なのです。

一番肝腎なのはプラークを除去すること

つまりプラークコントロールです。

[オープニングページに戻る]