四季楽しめる大平山

栃木市民のシンボルでもある大平山(おおひらさん)は春は桜、梅雨時はあじさい
秋は紅葉、冬は雪に浮かび上がる陸の松島として、抜群の景観を示します。
謙信平からは遠く、富士山、筑波山が眺められます。
また、大平だんご、卵焼きの美味しいことでも知られています。お出かけの際には
ぜひ、御賞味ください。またハイキングにも手ごろな運動量でいいですよ。
二杉橋から望む大平山
謙信平からの眺望
大平山神社の山門
中腹より望む栃木市街

大山寺のいわしだれ桜

本当かどうか知りませんがお楽の方お手植えのしだれ桜ということになって
いる桜です。そう言われて信じてしまう程みごとなものです。
ここの桜が満開になると1週遅れて大平山の桜が見ごろになります。
いま、4月2日。
そろそろ大平山の桜の季節です。
いわしだれ桜全景
大山寺のいわしだれ桜、下から見上げて
いまが盛り
大山寺(大平山中腹)
樹勢の衰えも乗り越えて
[栃木案内に戻る] [オープニングページに戻る]