虫歯の治療

虫歯って何だ?

簡単に言うと細菌が生産する酸によって歯が溶かされる病気(あ、これ正しい定義では
なく自己流解釈)です。そして、歯はいったん溶かされて穴があくと、ひとりでに元に
戻ることはありません。少しずつ歯は溶かされてまず一番表層にあるエナメル質が溶け
次に知覚がある象牙質まで侵されます。こうなるとしみる痛いが始まります。
さらに放置すると神経(本当は歯髄という神経血管結合線維の複合体)が侵されて
何の刺激も無くとも痛い状態になってしまいます。

虫歯はなぜ出来るかというと

虫歯には虫歯が出来る4大要素というものがあります。
下の図を見てください。虫歯菌がいなければ虫歯にはなりません。また
歯が無ければ虫歯にはなりません。また虫歯菌の栄養である砂糖がなければ
虫歯にはなりません。そして、虫歯ができる場であるプラークが成熟する時間
がなければ虫歯はできないという図です。どれかひとつでも欠けていれば虫歯
はできないのです。

虫歯の治療ってどうするの

虫歯になったところを削って詰める。それが基本的治療です。削る道具があの皆さん
大嫌いなピューンと音がするエアタービンなのですが現在では高速マイクロエンジン
やレーザーも出てきました。どちらもエアタービンよりは快適にけずれます。
わが前橋歯科医院でも五倍速の高速マイクロエンジンを
時により使用しています。
虫歯になった所は元に戻らず進行するばかりでいずれは神経がやられ歯が死ぬのです
から削るのも止むを得ないとおもいます。歯が死んだらどうするの?は根っこの治療
の所で話しましょう。

[虫歯以外にも気になるところがある] [オープニングページに戻る]