土蔵いならぶ栃木市街

商業で発展した栃木市は明治初期には栃木随一の都市となった、栃木県名発祥の十千木
のある栃木市には県庁があった。しかし、いまは鯉の住む県庁堀に名をとどめている
ばかりなのであった。おかげで蔵は、いっぱい残った。
蔵のシンボル塚田記念館
大通りの蔵
旧県庁の現存する建物
鯉の住む県庁堀
栃木市に県庁があった証拠
[栃木案内に戻る] [オープニングページに戻る]