根っこの治療

根っこの治療(根管治療)って何だ?

虫歯がしみるから痛いになって来ると歯の中にある歯髄(しずい)に炎症が起きます。
歯髄はよく神経と俗に呼ばれますが、実は神経線維だけでなく、血管(動脈、静脈)
結合線維の三つの複合体なのです。その三つの複合体が根っこの先の細い関所を通って
来るため、歯の中の歯髄(しずい)はすぐに循環不全に陥るという特徴があります。

血管透過性が高まり滲出液が歯髄内に溢れ発痛物質が溜まってくると痛みはだんだん
大きくなってきます。これが歯髄炎の状態です。殆どの歯髄炎は抜髄しなくては
いけません。抜髄する(しんけいをとる)ことは、根っこの治療のひとつです。
さらに病状が進むと歯髄は壊死腐敗してきます。すると痛みが一時的に消えます。
これは治ったのではなく、病気が歯の中から歯の外に移ったことを意味します。
歯髄中の腐敗物質が刺激となり歯根膜に今度は炎症がおきます。これが根尖性歯周炎
です。歯医者が根っこの回りがレントゲン写真で見ると黒くなってます。
なんか、言う時にはこの状態になってます。さらに病状が進むと骨膜炎になり
ほっぺたが腫れてきます。さらに抵抗力の弱った患者さんなどでは骨髄炎にまで
進行することもあります。
根っこの先や根っこの回りの治療
つまり根管治療は歯髄のあった場所(歯髄腔)の清掃をすることから始まります。
これが根っこの治療の第一歩です。

どうやって清掃するのか

リーマーとかファイルと呼ばれる針のようなもの(実際は大工さんの使うカンナの働き)
を使って歯髄腔を掻き出し削り上げ、汚染物質を残らずとってしまうのです。
そのあいだに超音波洗浄器などもつかい完璧に根っこの内面を磨き上げるのです。

奇麗にしたあとぴっちり詰める

清掃して汚染物質がなくなったら、再び汚染されないようにすき間無く歯髄腔を
埋めてしまうのです。埋め方にもいろいろあります。ラテラルとヴァーティカル
の二つに大きく分けられるのですが、一長一短で、患者さん年齢性格病態によって
わたしは使い分けています。
根管内の汚染をとりのぞき再び汚染されないようにぴっちり詰める。これが根管治療
です。治るようにしてあげるのは歯科医ですが治すのは患者さん自身です。
清掃のあと封鎖したら後は自然治癒力にまかせるのです。原因が除去されれば
治療は完了したようなものです。原因除去療法の最たるものです。

[根っこ以外にも気になるところがある]
[オープニングページに戻る]