自家移植

自家歯牙移植とは

自分の歯をすでに無くなってしまった別の場所に植え換えることを自家歯牙移植
と言います。そんなことして、何の意味があるかですって?

そうくると思いました。口のなかには要らない歯ってものがあることがあるのです。
例えば、ちゃんと噛み合わない親知らずとか、すでに噛み合う相手がなくなって
しまった第二大臼歯とか、歯列からはみ出た第二小臼歯とかがあるのです。
もちろん、それらの歯も治療しようによっては役立つように治すことも可能ですが
移植することで要らない歯の不具合と機能を一挙に回復する事ができるのです。
その模式図を書けば下のようになります。

自家移植の良い所は、歯根膜という歯を支えている組織も歯と一緒に移植できること
それから歯ぐきは歯とくっついて感染のバリアーになるということです。つまり
まえあった歯と殆ど変わらない状態で使用出来るのです。
このあたりはインプラントでは獲得できないものでインプラントに対して優位でしょう
欠点は植えてくる歯が無い場合はできないことです。当たり前ですが
[オープニングページに戻る]